カードローンの審査が通らない理由

カードローンおすすめの審査が通らない理由

貸金業者はローンの申し込みがあった場合、まず自社の審査基準によって借入にたいして返済能力があるかどうかを審査します。審査に落ちてしまった方は次のような理由が考えられるかもしれません。

1、年収の借入金の返済が占める割合が3分の1以上を超えてないか?

総量規制が改正されてから、銀行以外の貸金業者では年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。年収に対しての返済の割合がすでに審査基準の範囲を超えているなら審査に通りません。

2、短期間に複数の貸金業者に申し込みをしていないか?

短期間に複数社ローンを申し込むと審査が不利になります。貸金業者は審査を行うときに必ず信用情報機関で申込者の信用情報を取得します。その際複数の貸金業者に申し込んでいるとその情報も記録として残ります。そのため、多くに申し込みをすると返済能力が弱いと判断され審査が不利になります。

3、過去に金融事故を起こしていないか?

過去5年以内にカードの遅延や延滞などの記録が事故情報として信用情報機関に記録で残されています。それには、携帯電話やスマートフォーンなどの機種代金の分割もローン扱いとなる場合があるため、こちらの支払い遅延や滞納、また、強制解約も金融事故の記録として個人情報に傷がつき審査に影響を与えます。

4、正確な情報を申告したか?

申し込みをする際に、勤続年数や年収など正確な情報を申告していないと不利になります。自分では正確に書いたつもりでも記入漏れなどがあるなら、審査に影響を与えるでしょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.